<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年5月に読んだ本②

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:10冊/23冊
(後半5/16から)

崩壊する介護現場 (ベスト新書)崩壊する介護現場 (ベスト新書)感想
取材はしたのだろうが、あくまで著者の見聞範囲内での偏った見方では、という印象を持った。私の母もグループホームで介護職員の方々のお世話になっているのが、皆さん人柄も良く一所懸命に仕事されている。日々それを目にしているので、読んでいて気分が悪くなって来た。確かに本書にある様な事実もあるのだろうが、何か偏見に満ちている気が。
最終章の後半で、介護職員の資格の問題、介護保険の制度的問題点と低賃金の関係などをあらためてまとめているが、この問題をもっと中心に語って欲しかった。
読了日:5月31日 著者:中村淳彦
きょうの日はさようなら (集英社オレンジ文庫)きょうの日はさようなら (集英社オレンジ文庫)感想
ポケベルから始まって、誰の回想かなと思ったらSF展開でちょっと驚き。家族会議もスマホでSNSに電子承認、支払もスマホでカードレス。過去と近未来を、通信機器やゲームに漫画で描き分けているのが面白い。それらのモノへの親和性が世代の違いや心情を物語って、家族親族の気持ちをつなぎ直すきっかけにもなって行く。じわっと心に訴える物語。作家買いでしたが、期待以上にいいお話でした。
読了日:5月30日 著者:一穂ミチ
君に届け 26 (マーガレットコミックス)君に届け 26 (マーガレットコミックス)感想
主人公の親世代として物語を読み始めたが、気が付けば自分の子はピン先生の世代。もはや孫を見ている様なものだが、この子達の人との向き合い方に負けている。今時のリアル高校生はこんなにちゃんと人と向き合っているのだろうか。それが中々難しいから、物語の中の君に届いて欲しい思いに心惹かれるんだろうな、若い人もオバさんも。
読了日:5月29日 著者:椎名軽穂
最後の晩ごはん  旧友と焼きおにぎり (角川文庫)最後の晩ごはん 旧友と焼きおにぎり (角川文庫)感想
読んだのは電子版だが、書店で見た紙本の帯に「新章開店」とあったので、どんな展開になるのかちょっとドキドキ。イガ君も夏神さんも、過去の辛い出来事に向き合いながら、前へ進む勇気を持てる様になったみたいで良かった。時に人間の姿に見合った含蓄のある言葉を発するのに、基本子どもぽい感じのロイドが可愛い。
読了日:5月28日 著者:椹野道流
無私の日本人 (文春文庫)無私の日本人 (文春文庫)感想
映画の予告編で「実は実話です」と言っていたので、何の記録に残っていた逸話なのかと思っていたら、原作はこの本だった。映画本編のエンドロールで知った。それにしても江戸時代の無名の人々の多彩さに驚き。災害や飢饉を除けば平和だった、戦の無い時代だったからこそ育まれたものだったのか、江戸時代の奥深さに感心。後世のためにこの人々の事績を書き残す思いを語った、著者あとがきも心に響いた。
読了日:5月26日 著者:磯田道史
あめつちだれかれそこかしこ 3 (アヴァルスコミックス)あめつちだれかれそこかしこ 3 (アヴァルスコミックス)感想
相変わらず人間くさくマイペースで、少しも神々しいくない年男さんと納戸さん。ほのぼのした話しの中に、家の神様として住人と共に在る情が生まれているんですね。八百万の日本の神様の中には、こんな神様方がいても良いな、と思える物語。
読了日:5月25日 著者:青桐ナツ
本当は怖ろしい日本国憲法本当は怖ろしい日本国憲法感想
国民主権、基本的人権の尊重、平和主義は現行憲法の三大原則。しかしそれを信じ遵守する事で世の中と個人は上手くやって行けるのか? 西欧から入って来た天賦人権思想は人を殺す事も認める無制限な人権という面があるというが、無闇に殺されない権利もあるはず。民主主義は革命で王族を処刑し、ヒットラーを国家のトップに選んだ。現在アメリカ大統領候補にトランプ氏を選ぼうとしているのも民主主義だ。だからと言って優秀なる指導者頂く国家が自然発生するわけでもない。読んでいてイラっとしてきたが、憲法について改めて考える一助にはなった。
読了日:5月23日 著者:長谷川三千子,倉山満
教団X教団X感想
国家と宗教的なテロ組織、敵対している様で利用しあっている様な関係。理想と現実。より良き生き方と、生存と性の欲求との葛藤。自分に絶望しながら承認欲求から逃れられない人のエゴと、達観しながら理想を語る説教臭さ。性と暴力に絡め取られ身動き出来なくなる苦しさと、何か大きな力に縋りたい思い。世の中に真に正しい集団も個人もありはしない。何を選択し何処へ向かうのか、複雑で重い物語だった。楢崎くんの成長と芳子さんの受入れる姿勢に、ちょっと救われる。
読了日:5月23日 著者:中村文則
知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義 (角川新書)知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義 (角川新書)感想
アメリカ大統領選挙、ISのテロと難民問題、東北や九州の復興と心配だらけの東京五輪。これからの世界と日本の関わり、色々と気に掛かれども難しい。と言う事で池上さんの新刊を読んでみた。中東とイスラム教の事、為替など金融経済問題、わかりやすい池上さんの説明でも頭に入らない所はあったが、ISが生まれた元凶がブッシュ(息子)政権の軍事行動だった事や、世界の中のロシア・中国問題などはザックリとわかった。
読了日:5月20日 著者:池上彰
ワンダーリング (ディアプラス文庫)ワンダーリング (ディアプラス文庫)感想
プロローグを過ぎ本編に入って「公営カジノ」が舞台で既読感、と思ったら「ノーモアベット」のスピンだったんですね。藤堂が懐かない名付け子を気に掛けるのはわかるけど、その雪が反発しながら抱く藤堂への気持ちは、ちょっとわかり難い。嫌よ嫌よも好きのうち、かもしれないが、何かそう簡単には理解し難く感情移入出来なかった。藤堂に対する想いより、後のお話の父子に対する雪の気持ちの方に惹かれるものがあった。
読了日:5月16日 著者:一穂ミチ

読書メーター

[PR]
by hitokohon | 2016-06-01 21:20 | 読書メーター

2016年5月に読んだ本①

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:13冊/23冊
(前半5/15まで)

イシュタルの娘~小野於通伝~(13) (BE LOVE KC)イシュタルの娘~小野於通伝~(13) (BE LOVE KC)感想
とうとう大坂の陣へ。皇族と公家にも支配の手を伸ばそうとする徳川と対峙する中で近衛信尹が倒れ、家康に感じる光を知りながらそれに抗する於通。真田弟の己の先を見通した決意、淀殿の女の矜持、利休の死をも振り返り、於通が見据える思いが、表紙の絵に現れている様だ。真田兄弟の再会に涙。そんな中、太郎改め御図ちゃんと真田兄の息子が遂に運命の出会いを果たし、ちょっと明るい希望が!
読了日:5月15日 著者:大和和紀
ナイトガーデン (フルール文庫 ブルーライン)ナイトガーデン (フルール文庫 ブルーライン)感想
整が、依存だったかもしれない想いを断ち切って和章のもとを去って一年。和章もそれなりに気持ちの整理が出来たのかも、と思っていたが、まだこんなに傷ついたままだったとは。そんな中で、恩師との縁があって良かった。先生と、同居する孫の柊にとっても。JUNEの時代、他者への依存で破滅する物語も多かったが、痛々しくとも他者との関わりで前進出来る物語で良かった。
読了日:5月15日 著者:一穂ミチ
ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン)ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン)感想
同棲していてもセックスレスの一顕とかおり、片思いを知られながら同居を続ける整と和章。いつか何処かで関係を見直さなくてはならない二組だったが、一顕と整の交流から思わぬ幕切れへ。かおりと和章のその後も心配。積読「ナイトガーデン」を読もうと再読。和章にも救いがあって欲しいとあらためて思うので、次作があって良かった。
読了日:5月13日 著者:一穂ミチ
アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)感想
突然の意外な場所での出会いと、互いに人に言いたくない背景が有りそうな様子。でも次第に分かり合い距離が縮まり、と進むかと思ったら、急転直下の出来事が。何故に十数年前の設定で始まったのか、その訳が分かった17年後、互いの想いに泣けた。未帆ちゃん良い子だ、有村さんの覚悟と優しさの賜物なのだろう。
読了日:5月11日 著者:一穂ミチ
トーキョートレイン (あすかコミックスCL-DX)トーキョートレイン (あすかコミックスCL-DX)感想
1組のカップルのお話かと思ったら、別々の路線を舞台にした4組のオムニバスでした。どれも何やら純情で一途な方々のお話で、ほのぼのしました。最後、日本一乗降客が多いというで駅、4カップルがニアミス。お互い知り合いじゃない設定だけれど、素敵な読者サービスでした。
読了日:5月10日 著者:木下けい子
あなたの好きな人について聞かせて (ディアプラス文庫)あなたの好きな人について聞かせて (ディアプラス文庫)感想
私が親でも猛反対するだろう星川さんの大学卒業後の進路選択と、余りな天然純真ボケっぷりに、最初ちょっと付いていけなかった。が、架空の作家名や作品タイトルの典雅さん流の面白さ、更に星川さんに書かせたSSの可笑しさ、主人公達の恋のゆくえとは別のところで楽しませてもらった。今作にも格好いい男性の代名詞として「福山」登場(笑)電子版書き下ろしの様々なあだ名候補もアホで微笑ましかった。
読了日:5月8日 著者:小林典雅
ヲタクに恋は難しい (2)ヲタクに恋は難しい (2)感想
ヲタクに非ヲタとの恋は難しいかもしれないけど、ヲタ同志は楽しそう。別に一般デートコースじゃなくても、二人で楽しめる場所ならどこでもいいよね。だから花ちゃんもそんな怒らないで(笑) まあ喧嘩する程仲が良いのね。互いを思いやる気持ちは、ヲタク関係なく微笑ましいです。チビッ子だった宏高・成海も可愛いかった。
読了日:5月7日 著者:ふじた
あなたの物語―人生でするべきたった一つのことあなたの物語―人生でするべきたった一つのこと感想
3億の仲間と走り抜き勝ち残ったレース。他の3億の仲間が見る事がなかった、行きたかった、生きたかった、この世界にある「あなた」への優しいエール。こういう命のメッセージもあるんですね。子ども達に読んでほしいです。
読了日:5月6日 著者:水野敬也
老子―自由訳老子―自由訳感想
道(Dao)から大自然が生まれ、そこからまた万物が生じる。目の前の小さな事をこつこつと積みかさね、無欲に謙虚に、不争と貢献の徳をもって、道にまかせて生きる。簡単そうで難解な老子の教えを、著者流の現代語訳でわかりやすく伝えてくれる。最高の政治家は国民からその存在を意識されない、というのは凄い。人望の薄さを法律や罰則の量産で補う政治家は情けない。うう、某党の憲法改正案が思い浮かぶ。とにかく、やわらかくしなやかに、あるがまま自然にゆったりと、老子の説く生き方に励まされる。
読了日:5月6日 著者:新井満
『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)感想
実家が浄土真宗で祖父が朝晩念仏を唱えていたので、わりと馴染みがあった親鸞さん。歎異抄を初めて読んだのは二十歳くらいの頃だったと思うが、先月番組を見て自身の「歎異」を再確認。「他力本願」を人事を尽くして天命を待つ、「悪人正機」を無知の知、みたいな事なのかと勝手に解釈していたけど、そんな簡単な事ではなかった。三国連太郎さんの本のタイトルでもある「白い道」の意味も初めて知った。すぐに欲望に左右され、下心ありの己の計らいを善行と勘違いし、時折悟った気になる我々に、親鸞の説く他力は易行といいながら中々に厳しい。
読了日:5月5日 著者:釈徹宗
プラチナエンド 2 (ジャンプコミックス)プラチナエンド 2 (ジャンプコミックス)感想
前巻の冒頭で天使たちは、一度は絶望の淵にあった人を自分の神候補として救った様に思わせたが、その人を幸せにすると言いながらとんでもない試練を強いている。物事の善悪や人の幸不幸を、この物語はどう決着するのか、それが気になって続きも読むだろう
読了日:5月5日 著者:小畑健
坊主かわいや袈裟までいとし 3 (花丸コミックス・プレミアム)坊主かわいや袈裟までいとし 3 (花丸コミックス・プレミアム)感想
大円くん、相変わらず外見も中身も可愛いらし過ぎ。とても弥六くんと同世代とは思えません(笑) このふたりもさることながら、パパの方のあれこれが気になります。
読了日:5月4日 著者:本間アキラ
死者の書死者の書感想
近藤ようこさんのコミック版下巻を読んで再読。したした、こうこう、物語の要所要所に現される擬音が印象的。原作を読んで、あらためて近藤さんの作品の素晴らしさを再確認した。
読了日:5月3日 著者:折口信夫

読書メーター
[PR]
by hitokohon | 2016-06-01 21:18 | 読書メーター