<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

僕から君へ

羅川真里茂 傑作集 2005/5/18 発行 白泉社文庫(コミック)

「僕から君へ」・・・・・・・・平成10年 メロディ1月号掲載
「東京少年物語1」・・・・平成 3年 花とゆめ9号掲載
「東京少年物語2」・・・・平成 6年 花とゆめ18号掲載
 エッセイ「裏」・・・・・・・・平成14年 別冊花とゆめ5月号掲載
「がんばってや」・・・・・・平成13年 別冊花とゆめ7月号掲載

羅川真里茂さんは、アニメ化もされた「赤ちゃんと僕」や「ニューヨーク・ニューヨーク」などの長編作品で有名ですが、この文庫は上記の「田舎3部作」といわれる短編や中篇を収めた作品集です。

少女漫画ですが、どの作品も主人公は少年や青年。彼らの恋人である女の子も登場しますが、その恋愛模様はあくまで脇の話題で、中心になるのは、男の子同士の友情とライバル意識などを根底とする微妙な絆の様なものです。故郷を離れ東京に出た青年たちが、故郷で少年時代を共にした友人や、同じように故郷を後にして来た青年との関係を通して、故郷と今自分が暮らす都会との距離感に折り合いをつけて行く物語です。

「ニューヨーク・ニューヨーク」がゲイのカップルを主人公にした物語なので、ボーイズラブ(BL)系の作家として認識されることもある羅川さん。たしかにBLテイストな作品は多いと思います。しかし「ニューヨーク・ニューヨーク」という作品は、ただのBLには収まらない普遍的な人間物語です。

私が最初に読んだ羅川さんの作品が「ニューヨーク・ニューヨーク」だったのですが、読んでみようと思ったのは、あるゲイの方がサイトに載せていた感想を読んだからなんです。そして白泉社文庫版で2巻のあとがきを書いている伊藤悟さんは、同性愛者として講演などの活動もされている方です。BL読みの女性読者だけでなく、ゲイの男性読者の共感も得られるというのは、それだけ作品にリアリティがある証拠だと思います。「赤ちゃんと僕」に子育て中のお母さんたちが共感したのもそうでしょう。作品集「僕から君へ」も、そうした何かが伝わる作品です。
[PR]
by hitokohon | 2005-06-12 20:08 | 漫画・アニメ関連

野垂れ死に

藤沢秀行 著 2005/4/20 発行 新潮新書

藤沢秀行さんは、1925(大正14)年横浜市生まれで、日本棋院の元棋士。昭和52年から棋聖戦を6連覇して名誉棋聖となり、他にも王座、名人、天元などのタイトルを次々と獲得。平成3年にはタイトル獲得最高齢(六十六歳)で王座に返り咲いた。平成10年に現役を引退した後も、日々碁の勉強は欠かさず、後進の指導などにもあたっている。

自らを札付きの無頼漢だというその人生は半端ではない。常に碁の事が頭から離れず、誰よりも勉強熱心な棋士として実績を上げて行く一方で、私生活では、酒浸りでアル中になり、競輪にのめり込み事業に手を出しては億単位の借金を作り、妻以外にも二人の女性に子どもを産ませたりと、絵に描いた様な道楽ぶりであった。その上3度もガンに侵されながらその度に克服している。どう考えても凄まじ過ぎる人生だが、藤沢さんの語り口は何とも軽やかで潔く、いっそ痛快と思えるくらいだ。

「野垂れ死に」の前に、妻の藤沢モトさんの著書「勝負師の妻―囲碁棋士・藤沢秀行との五十年」( 角川書店2003年2月発行 角川oneテーマ21 )も図書館で借りて読んでいた。普通の女性なら当の昔に逃げ出してるか、精神的に追い込まれているだろう生活を、負けん気と努力と行動力で乗り切って、決して泣き言をいわず達観している姿勢には感服するしかなかった。

モトさんというバックボーンがなかったら、秀行先生がこんなに痛快に人生を語る事は出来なかっただろうなぁ、と思いながら読み進めていたのだが、最終章でちゃんとモトさんへの感謝の気持ちも語られていた。これからの日本ではもう、秀行さんの様な男性も、モトさんの様な女性も出てこないだろうと思いながら、読後感は悪くない。人間って愛しい生き物だと思えた
[PR]
by hitokohon | 2005-06-08 22:48 | 囲碁関連

「光とともに…」8巻

サブタイトル:自閉症児を抱えて
戸部けいこ 著  2005/6/30 発行(奥付はそうなってますが、5/28 発売) 秋田書店

昨年11月の7巻発売時に自blogでも紹介した「光とともに…」ですが、この度8巻が刊行されました。秋田書店のコミック雑誌月刊「for Mrs.」連載中。連載開始は2000年11月号からで、1巻発行は2001年7月だったようです。(1~7巻は貸出中なので今確認できないんですが)

自閉症という障碍を持って生まれてきた光くん。母の幸子さんは、夫や義母、周囲の無理解で、孤独な育児を強いられていましたが、専門の施設の職員に出会って励まされ、夫の理解も得られる様になり、次第に周囲との関わりの中で、光くんのための子育てが出来るようになって行きます。小さかった光くんも小学校の特殊学級に通うようになり、8巻では小学6年生に。地元の中学へ上がれるのか、養護学校へ行った方が良いのか、両親にとってはまた悩み多き時期にさしかかっています。

自閉症というと、私自身その名前のせいで、子どもを持つまでは心身症的な病気だと勘違いしてました。体の障碍と違い一見して判り難いので、我儘な子だとか親の躾が悪いだとか誤解もされやすいです。全ての自閉症の人が光くんの様だとも限らず、対応の仕方も含めて、個々にそれぞれ様子が違うのでしょうが、この障碍に対する一般の理解を広める作品だと思います。そして子育てに関して言えば、障碍の有無に限らず参考になる所、共感する所が沢山ある作品でもあります。

小さいお子さんをお持ちの方は勿論、これから親になる予定がある若い方も、きっと何かが得られると思います。
[PR]
by hitokohon | 2005-06-03 21:31 | 漫画・アニメ関連