夜回り先生

水谷修 著 2004/2/25 発行 サンクチュアリ出版

著者の水谷さんは、横浜の高校教師。夜間高校に勤務するようになった12年前から、授業の後「夜の街」へ出て、盛り場にたむろす子どもたちに声をかける様になった。その中で、不登校、リストカット、ひきこもり、薬物乱用などで苦しむ子も含む5000人の生徒たちと向き合ったそうだ。

子ども達は誰も、昼の世界で周囲から認めれる存在として生き生きと暮らしたいはずだが、それが出来ずに、傷つき夜の世界へ追いやれてしまう子ども達もいる。「夜の街」は子ども達を食い物しようとする悪意に満ちており、それは大人にとっても危険な世界だ。自身も暴力団と関わるなどの危険に遭い、警察に「日本で最も死に近い教師」と言われながらも、傷つき愛に飢えているだろう子ども達のそばにいたいと、夜回りを続けているそうだ。

その場で話し掛けるだけなく、「悩んだ時には電話しなさい」と連絡先まで教える。出会えた子ども達を全て救える訳でもないし、対応を間違えてしまった苦い過去もある。それでも何もしないではいられず、夜回りをして子ども達と関わり続ける水谷先生。本当に頭が下がる思いがする。私には絶対出来ないと思う。だがその姿は、決してエネルギッシュなだけではないく、どこか寂しげで自省的な思いを抱えているようにも感じた。だからこそ、この活動を続けているのかもしれない。

子ども達の過去も今もどうでもいい。時間がかかってもいいから、自分の意志と力で幸せな未来を切り拓いていく為に、とにかく生きてくれさえすればそれでいい。大人たちには「よくここまで生きたね」と子ども達を認め褒めてあげてほしい、と水谷さんは訴える。それは簡単そうで、とても難しい事だ。頭ではわかっても、親である私は、未来の為の近道を見出せない事に不安と苛立ちを感じてしまう。子育てに、わかりやすくて簡単で、これなら絶対大丈夫なんていうマニュアルは、やっぱり無いんだなぁと、あらためて感じた。

( 追記 )
水谷さんと、彼が関わった薬物依存の生徒ジュンさんの往復書簡と日記で綴られた
『さよならが、いえなくて』(2000年7月初版日本評論社)という本を書店で見つけて読みました。問題を抱えた子ども達との関わりがどんなに大変な事か、水谷さんの活動をすばらしいと賞賛して終われない、お互いのそして家族の生きていく先の重さが伝わってきます。

その後、続編ともいうべき『夜回り先生と夜眠れない子どもたち』(2004年10月初版サンクチュアリ出版)、『夜回り先生の卒業証書』(2004年12月初版日本評論社)も出版されました。

後者は、毎日新聞社のウェブサイトに連載されている「夜回り日記」と、昨年8月の講演録をまとめた本です。
水谷さんは、ご自身や、夜回りで出会う子ども達のいる場所を「夜の世界」と呼んでいます。そして、本の出版や講演、TVの取材を受ける事は、子ども達を「夜の世界」に追いやっている「昼の世界」の大人達へ、彼らの事をちゃんと見て、追いやらずに済む方法を考えて欲しいと、訴えておられるのですね。

家庭や学校で、子ども達を「褒めて、褒めて、愛を与えて」あげて欲しい。子どもが失敗した時、側にいて抱きしめて見守って、子ども自身に考えさせて欲しい。子どもの問題を見つけたら、見て見ぬ振りをして子どもに判断を委ねてしまうのではなく、必ず話し合って欲しい。薬物の問題でも心の問題でも、治療者としてのいちばん重要なポイントになるのは親であり、その親がどう動くかがその子に最も大きな影響を与えるのだから、そういう場合の親へのサポートも大切である。といった、親や大人達へのメッセージがたくさんあります。
[PR]
by hitokohon | 2004-12-01 00:00 | 子育て・教育
<< 遙かなるクリスマス ANIMAL X >>