西太后

サブタイトル:大清帝国最後の光芒
加藤徹 著 2005/9/25 発行 中公新書

著者の加藤さんは1963年生れの中国文学者で、『京劇』という著書でサントリー学芸賞を受けています。北京大学に留学していた事もあり、お連合いも北京出身の方だそうで、中国の文化には身をもって触れいるようです。そうした文化芸術面や中国人気質への理解を背景に、資料の検証を重視して書かれたこの本は、これまでに読んだ西太后伝では語られなかった真実に迫る説得力がありました。

1984年に製作されたリー・ハンシャン監督の映画『西太后』(続編もありました)の公開で、「四億の民に君臨した」猛女として日本でもその名が知られるようになった西太后。その後公開されたベルトリッチ監督の映画『ラスト・エンペラー』の冒頭にも、ラストエンペラー(宣統帝溥儀)を次期皇帝に指名して亡くなる場面が描かれていました。ベルトリッチ監督と同時期に、リー・ハンシャン監督も『火龍-THE LAST EMPEROR』という溥儀を主人公にした映画を作っていますが、こちらには西太后は登場しなかったように記憶しています。

西太后はアヘン戦争が起きる5年前の1835年に生れ、日露戦争から4年後の1908年に亡くなりました。17才で咸豊帝の側室となり、やがて次期皇帝となる皇子を産みました。1861年26才の時に咸豊帝が亡くなり我が子同治帝が即位すると、嫡母である咸豊帝の皇后とともに皇太后となり、前皇后の東太后に対し西太后と呼ばれるようになりました。その時から、幼い皇帝を補佐するかたちで清朝の政治に関わるようになった訳です。映画『西太后』では、そこで独り歯を食い縛って政治の実権を握り、政敵を残虐なまでに次々と追い落として行く姿が描かれて、若い頃から「四億の民に君臨した」西太后のイメージが出来上がりました。

しかしこの本を読むと、若き西太后は意外にも回りの状況に合わせた待ちの姿勢だった事がわかります。我が子同治帝が若くして亡くなると、夫咸豊帝の弟とその妃になっていた実妹との間に生れた甥の光緒帝を即位させ、再び幼帝を補佐して政治に関わりますが、皇帝が成人すると実権を皇帝に戻し隠居しています。後に光緒帝と対立して実権を取り戻す事になりますが、何としても政治的権力を握り続けたい、というのが西太后の望みではなかったようです。彼女が欲したのはもっと女性的な権力、物欲的力の示し方だったのであり、そうした姿勢が日清戦争敗北の一因ともなったというのです。そんな清朝側から語られる日清戦争というのも興味深いです。

歴史モノをこんなに楽しく読ませてもらったのも久しぶりでした。『京劇』でも西太后に触れているそうなので、こ機会があったらこちらも読んでみたいと思いました。
[PR]
by hitokohon | 2006-01-12 00:22 | 歴史・ノンフィクション
<< 検索バカ 僕から君へ >>